転職する際に知るべきこと

念願の介護福祉士になったとしても、肉体や精神的な辛さから転職を考える人が多いのは周知のことだろう。また、これから他の会社へ移動をしようと考えている人のために、介護福祉士から転職する1例を挙げてみようと思う。
例えば、転職の難易度は年齢と実務経験の年数によって異なる。また、同業種間で行うのか異業種へと挑戦するかにもよるのだ。介護福祉士から同業種間での例としては、ケアマネージャーが最も一般的であり、移動が行いやすい点でも人気がある。ただし、注意したいのは介護実務経験を5年経験した者に受験資格が渡されるという事実だ。現場仕事を5年ということあり、事務仕事を5年ということではないので注意したい。もし、5年間の現場仕事の経験を得ているのであれば、ケアマネージャーの資格を取得して移動を考えてもいいだろう。さらにいえば、ケアマネージャーになるのには、30代や40代でも遅くはない。年齢よりも、介護を受ける人のために親身になって仕事ができるのか・適切な判断が可能かというのに、重点を置く会社が多いといえる。
次に、全く異なる業種へと移動したい時には、年齢はかなり大きく関わってくる。なぜなら、30代や40代では即戦力にならないケースが多いため、会社に受け入れてもらうのが難しいからだ。結論からいえば、異業種へは知識や技術・経験がない代わりに、若さや機転力でカバーをする必要がある。そして、同業種へは知識や技術・経験が培われているため、ある程度の年齢になっても可能となるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です