キャリアアップすべきか

介護福祉士として働いてきた人が転職を考える際、次にどのような働き方をするかについてよく考える必要がある。漠然とした目標を持ったまま次の仕事を選んでしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまうことにもなりかねない。介護の仕事を続けるにあたり、再び介護福祉士として仕事を選ぶべきか、あるいは次のキャリアへのステップを踏むべきかの選択が問題となる。
介護福祉士として働いてきた経験を活かせば、次の求人は見つけやすいだろう。しかし、仕事の待遇の面や業務内容は、以前の職場と大差ないケースが多い。一方で、ケアマネージャーなど上位の仕事を目指してキャリアアップできる仕事を選ぶ際は、得られる報酬が多くなるのだ。ただし、仕事の内容が大きく変化するとともに、職場で求められる責任が重くなるという問題がある。キャリアアップに伴うメリットとデメリットについて、それぞれどのように評価すべきかが判断のしどころだろう。加えて、キャリアアップの道を選ぶのであれば、新しい上位キャリアの仕事に就くために必要な資格なども、事前にカバーしておかなければならない。
これらの準備は、働いている職場を離れる前に整えておきたいところだ。大切なのは、計画的で慎重に転職を行うことである。タイミングをうまく見計らい、もっとも効果的な時期を見定めなければならない。もしキャリアアップしてその仕事が合わないと感じても、また次の転職のチャンスに挽回できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です